「酵素ドリンク」という言葉は広く知られるようになってきましたが、実は「体内酵素がなくなると人間は死んでしまう」という事実をご存知でしょうか?

酵素がなくなると人間は死んでしまう

そもそも酵素とは、人間の体内に必ず存在していて、体内の科学反応速度を上げる役割を持っています。

つまり
・ 体内酵素が多い→代謝が良い=太りにく
・ 体内酵素が少ない→代謝が悪い=太りやすい

体質である可能性が高いのです。

そしてこの酵素がなくなってしまうと、人間の体内で化学反応が起こらなくなり、人間は死に至るということです。

普段あまり意識していませんが、我々人間は酵素に生かされていると言っても過言ではないのです。

酵素を摂取するためには?

酵素は基本的に食べ物から摂取することができます。

酵素が多く含まれているのは、フルーツ、野菜、肉、魚などです。

ただし、重要なのが【酵素は熱に弱い】という事実。

つまり、生で摂取することが大切です。
加熱処理した食べ物は、大部分の酵素が失われているのでご注意を。
デリケートな酵素だからこそ、近年ダイエット目的やファスティング時に手軽に酵素を摂取できる「酵素ドリンク」が流行っているということなんですね。

ただし、この「酵素ドリンク」、実は選び方を間違えると大きな悲劇を生むことになります。

ここからは酵素ドリンクの選び方のポイントをお伝えしていきます。

・濃度

実は酵素ドリンクと一言で言ってもその定義は本当に広義に渡ります。

食品衛生法上、酵素ドリンクは「清涼飲料水」と表記されます。
つまり、1・の酵素ドリンクの中で酵素の濃度が

・ 1%
・ 50%
・ 100%

どれを取っても全て「酵素ドリンク」で括られます。
だからこそ、料金重視で安い酵素ドリンクを手に取って、
思うように効果が得られなかった方がいるわけです。

料金の目安として、1本あたり5,000円~10,000円の範囲内の酵素ドリンクであれば、
概ね問題のない酵素ドリンクを選べるかと思います。

・添加物、着色料など

酵素ドリンクに貼られている、成分表記を御覧ください。

この中にできる限り添加物や着色料などが入っていない酵素ドリンクを選びましょう。

特にファスティングで利用される方は、ここはシビアに見てください。

ファスティングを行うと、体内はカラッカラのスポンジと同じような状態で、
栄養の吸収率が非常に高い状態です。
そのような状態で添加物を体内に入れてしまったら。。

せっかく体をきれいにするファスティングなのだから、添加物入りの商品はできる限り避けたほうがベターです。

また、もちろん添加物入りの酵素ドリンクを飲むことで、ファスティングやダイエットの効果も落ちてしまいます。

・購入する場所

量販店で購入する場合は注意が必要です。
特に上記・・の点です。

量販店では、薄利多売ビジネスを展開しているお店が非常に多く、質を求めているかと考えると少し疑問です。

なので、全部が全部ではないですが、粗悪品が混じっていることも事実。

そのため・と・は重要チェック事項とお考えください。

どこで購入することがベストなのか?

結論から申し上げると、専門家や詳しい方に聞くのがベストかと思います。

つまり、“何を”買うか?以上に“誰から”買うか?ということが酵素ドリンク選びでは、最も重要ではないかと思います。

世の中にはファスティングを始めとした資格発行システムがあり、それら資格の保有者も当然います。

周りで探してみるか、資格発行をしている協会などに問い合わせて相談してみると良いでしょう。