今回は九州にお住まいの40歳女性が夕食抜きダイエットに挑戦したお話!

 

兄に太ったなーと言われて

当時、私は大学生でした。 私はもともと太りやすい体質で油断するとすぐ太ってしまうのですが、その時にもそれまでの体重から5キロほど太ってしまいました。 自分でも「ちょっと太ったかなぁ」という自覚はあったものの、友人たちは優しく(?)、「えー、全然太ってないよぉ」などと言ってくれるので安心していました。 でも、その頃に実家から離れた大学に通っていた兄が半年ぶりに帰郷してきたのです。 そして駅まで迎えに行った私に「ノシノシとやってくるから、誰かと思ったよ。太ったなー」と言ったのです。 その時に初めて私はそこまで太っていたんだ…と自覚し、ダイエットを決意しました。

夕食を抜いてカロリーを減らす作戦に!

当時、大学が終わってからの夕方から夜にかけてアルバイトをしていた私。
それまでは、アルバイトが終わってから自に帰った後に夕飯を食べていたのですが、時間はどうしても夜10時以降になってしまいます。かなり遅いですよね。
色々と調べた結果、夕食を抜くと痩せるらしいと知った私は夕食抜きをすることに決めたのです。
そもそも、1食まるまる抜けば1日の摂取カロリーを大幅に減らせます。
だからアルバイトから帰ってから何も食べなければ、すぐに痩せられるはずだ!と思ったのです。
逆に、アルバイトがあるおかげで夕食抜きが出来てラッキー!とも思いましたね(自宅にいるとどうしても食べてしまいますから)。
なので、一応アルバイトが始まる17時前にほんの少しだけパンなどをかじっておいて、それからアルバイトに行きました。
そしてアルバイトから帰ってきてからは自宅で何も食べないようにしたのです。
結局、そのまま1か月ほど夕食抜きを続けました。

痩せたけど不健康に…

 

夕食抜きを続けると、確かに体重は減ってきました。正直、どんどん痩せていくので楽しかったくらいです。
でも、正直体調は良くありませんでしたね。たまに目まいがしたり、アルバイト中にも立ちっぱなしでいるのがつらいときがありました。
結局1か月で3キロ痩せたのですが、その後あまりに不健康な私を見た親から「夕食抜きはやめなさい」と指令が出ました(汗)。
その後夕食を食べるようになったところ、体重はみるみる戻り、結局2カ月後くらいにはダイエット前より2キロ太ってしまいました…。
夕食抜きなんかやらなければ良かったと後悔しましたね。

続かないからリバウンドしてしまった

やはり夕食抜きなどのように「食事を抜く」もしくは、「食事全体の量を大幅に減らす」ことで1日の摂取カロリーを大きく減らすというのは、一見すぐに効果が出そうに思えますよね。
実践してみた私が思うのは、確かに結果はすぐ出る、そしてすぐ痩せるということ。ただし、続かないのです。
さらに最も危険なのは、健康を大きく損ねてしまうということです。
私は目まいやふらつきを感じましたし、その当時献血に行けば貧血気味だということで献血を断られたりしました(下まぶたを裏返すと真っ白でした)。
それに、ひどい便秘にもなりました。それまで毎日お通じがあったのに、5日くらい出なくなってしまいました。
やはり食事を抜くことで栄養不足になっていたと思うし、朝と昼でもそれを補えるようなバランスの良い食事を摂っていたとも言い難いです。
なので、極端な栄養不足、そして栄養バランスが偏っていたのが失敗の原因だったと思います。
さらに、食事を抜きすぎてしまったことで筋肉も落ちて代謝がダウンし、逆に太りやすい体質になってしまったのでその後リバウンドしたのだと思います。

食事制限によるダイエットを行う人は多いと思いますが、極端なやり方にならないように十分に気を付けて欲しいです。
食事を減らしすぎたり、栄養のバランスを考えない食事(単品など)をしていると、私のように逆に健康を害してしまいます。
ダイエットというのは単純に体重を減らせばよいと言うものではありません。
健康的に綺麗になるためには本当に食事は大事です。しっかり食べてほどよく動いて、というダイエットを心がけて欲しいなと思います。