今回は福島県に住む42歳女性がダイエットに失敗してしまった体験談を語ってくださいます。

彼女がバナナダイエットに失敗してしまったのはなぜでしょうか?

過食により急激に体重が増えてしまったのでダイエットを決意

 

私は過去にストレスから過食気味となり急激に太ったことがあります。その体重を落としたくて、その当時はやっていたバナナダイエットをしようと思いました。バナナダイエットはよくテレビなどで取り上げられていましたし、実際に効果があったという口コミもあったので、私もできるかもと思いました。また朝にバナナを食べるだけで、昼や夜は通常通り食べることができるのでこれならリバウンドもすることなく、ダイエットをすることができるのではと思ったのです。

当時私は、働いていたので、朝食にバナナと白湯を摂取、そして昼と夜は通常通り食べるようなダイエットをしていました。
いろいろな本を見てみると、朝と昼食の時間は比較的近いので、我慢がしやすい。そのため朝食をバナナとすると成功しやすいということがかかれていました。そのため朝食をバナナに置き換えたのですね。お腹がすくときは白湯を飲んで空腹感を紛らわしていました。そして昼食は主に職場の仲間と摂取することが多かったです。初めは自分でお弁当を作っていましたが、仕事が忙しくなると外食をしながらみんなで会議をするようになるので、やはりみんなで同じようなものを食べることが多かったですね。そして夜は自炊をしていたので、自分で夕食を作って食べていました。一応ダイエット中なので、食事のカロリーなどにも気を付けていました。自炊をする時には、野菜を中心に、そしてスープでお腹を膨らませるような対策を取っていました。時間は遅くなることもありましたが、寝る直前に食べることは避けていました。

 

スグに1kg減ったのだが…

 

ダイエットをし始めた時は、減量をしようという意識が強かったし、バナナによって便通もよくなったので、すぐに1キロくらい減りました。しかしながら、1ヶ月を越えるころから仕事も忙しくなり、ストレスもたまりがちに。そのためなかなか思うように食事の制限も難しくなりました。結果55キロからすぐに54キロになりましたが、その後は体重が減ることがなく効果がないと感じたため、バナナダイエットは2か月でやめてしまいました。

 

空腹感が満たされないので反動が…

 

通常は朝7時くらいに摂取して8時には出勤します。ダイエット前は朝食をしっかり食べていたのでバナナにすることは物足りなさがありました。しかしこれもダイエットのためと、白湯でお腹を膨らませて我慢をしましたね。そして朝食から昼食までは比較的時間がすぐに過ぎるので、職場で空腹を我慢しながら、昼食まで耐えていました。ただみんなにダイエットしていることは内緒。そのため昼食はみんなに誘われるがまま、外食などをしてしまっていたのです。また仕事が忙しくなると昼食が会議となり、外食をしていたので、カロリーも取りすぎていたと思います。また自分の中では、昼食だから少し食べても大丈夫という油断があったと思います。またそれに反省して夜は少し食事量に気を付けて摂取していたのですが、そうすると朝までにおなかがすいてしまいます。しかし朝はバナナ。やっぱり空腹感は満たされず、その反動が昼食に出るのです。そのため昼食時に貯め食べをしてしまいダイエットに失敗したのだと思います。

これからダイエットを始める皆さんへ

ダイエットを始めるときには、自分の生活習慣や仕事のスタイルなどを良く考えて、自分に合った方法を選んで行った方が良いとおもいます。また口コミだけではなく、それが継続してできるかどうかがとても重要なので、一度シミュレーションをしてダイエットを検証するといいでしょう。また私は人に内緒でダイエットをしていましたが、やはり人には公表するべきだと思います。なぜなら人の目があると成功率が高くなると思うからです。