今回は熊本県の住む29歳の女性が18時以降食べないダイエットを実践した話です。

運動をしなくなって一気に体重が増えてしまった

私はとにかく痩せて可愛くなりたくてダイエットしようと思いました。小学校から中学校卒業までの9年間、ずっとバスケットボール一筋で、毎日ハードな練習をしていました。しかし高校でバスケットボールを辞めてからは運動は全くしない生活になり、体重はうなぎのぼり。 中学校時代から8kgも増え、160cm58kgとだいぶガタイの良い女の子になってしまいました。 私が仲の良い友達は、スタイルが良く可愛い目立つ系の人達だったので、私もこうなりたい!と思いダイエットを決意しました。

兎に角太った分を落とそうと思い18時以降食べないダイエットを実践!!

ダイエット開始時は、とにかく太ってしまった8kgを落とそうと思っていました。
中学時代に履いていたデニムが太ももで止まってしまい、全く入らなくなっていました。それがとてもショックで、これがまた履けるまで頑張ろう!と決意しました。

そこで私が行ったダイエットは、18時以降食べないダイエットです。
これは当時人気絶頂だった倖田來未さんが行っていたダイエット法でした。やることはとても簡単で、とにかく18時前までに夕食を済ませ、18時過ぎたら次の日の朝起きるまで何も食べない、というシンプルなものでした。
また、朝食と昼食は普通に食べて良く、18時前なら間食もして良いとのことで、食べることが大好きな私にはもってこいだと思いました。
しかしその時、一つだけ禁止にしたものがあります。
それは「ジュース」です。
甘いチョコレートやスナック菓子も量には気をつけながら食べていましたが、ジュースだけは一切飲みませんでした。
その理由は、ジュース一杯に入る砂糖の量を知っていたこと、またジュースはついつい余分にとってしまう割りに満足感が得られないからです。
ジュースを一杯飲むなら、お菓子を一つ食べた方が満足できると思い、ジュースは一杯やめていました。
そしてその時の私は、ダイエット開始と同じ時期にアルバイトを始めていてシフトが18時?22時まででした。
なので夕食は18時までに済ませ、そこからアルバイト(定食屋さんのキッチン業務)を行う生活をしていました。

 

体重が10キロ以上減ったよ

2年ほどその生活を続けましたが、結果的に体重は13kgも落とすことができました。
13kgも落ちると外見が本当に変わり、72cmあったウエストは60cmになり、二の腕は25cmから20cm、太ももは50cmから42cmとかなり細くなりました。また、目標にしていた中学時代のデニムですが、ダイエット前は太ももで止まっていたのに、ダイエット後はぶかぶかでした。ダイエット中に履いていなかったので、痩せてから履いてとてもびっくりしました。

ダイエットしている意識を無くしたことが成功の要因

成功した要因は、ダイエットをしているという意識をなくせたことだと思います。
それくらい、18時以降に食べない生活を当たり前に感じることができていました。
また、このダイエットの良いところは、ストレスを全く感じないところです。食べたいものがあれば18時以前に食べれますし、もし18時以降に食べたいものが出てきても、「明日絶対食べよう」と明日の楽しみにすることができました。
そしてこの生活に慣れると、胃が空っぽの状態で眠るのがとても心地よくなりました。
胃が空っぽだと、本当にぐっすり眠れて睡眠の質が良くなりました。それに翌朝もお腹がすいて自然に目がさめるので、規則正しい生活を送ることができていたと思います。
また、何も食べないで眠ることで、朝目覚めたときの顔の浮腫みがなくなり、顔がスッキリしたねとたくさんの人に言われました。
目に見えて変化が出てくるのが嬉しくて、この生活をやめたいとは全く思いませんでした。

ダイエットは生活の一部だ!

私がダイエットで必要なことは、ダイエットを生活の一部にしてしまうことだと思います。
私はこの18時以降食べないダイエットを2年間続けましたが、体重計に毎日のっていたのは最初の1ヶ月だけです。
それ以降は体重計にのるのは1ヶ月に1回程度でした。
しかし0.5?1kgと少しずつですが、確実に体重は減っていきました。
18時以降食べないダイエットは1ヶ月もすると慣れ、その生活が当たり前になっていたので、全く苦痛じゃなかったです。
また、急激に体重を落としたわけではないのでリバウンドも一切ありません。
時間はかかりますが、ストレスもなく良いダイエット法だと思います。